hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

マラウィ ミスク組合 AB PLUS 珈琲豆 150g

1,850 JPY

About shipping cost

  • 豆のまま

    1,850 JPY

  • 粗挽きにする

    1,850 JPY

  • 中挽きにする

    1,850 JPY

▷マラウィ ミスク組合 AB PLUS 焙煎度合い: ミディアム 生産地 :マラウィ北部 ミスク地方 農園 :ミスク組合に所属する小農家 精製 :ウォッシュ 品種 :ニカ ゲイシャ カティモール等 標高 :1,200-1,300m 規格 :AB サイズ :16UP マラウィは、東アフリカの内陸国で、北部はタンザニアやルワンダ、南東部はモザンビークに接しています。国土は南北に細長く、高原地帯が広がります。温和な性格の国民性と、独立以来一度も戦争を経験していない歴史から、「Warm HeartOf Africa」(アフリカの温かい心)と呼ばれることもあります。コーヒー栽培は 1878 年にスコットランドの宣教師によって導入され、1900 年頃にはコーヒーは主要な輸出品となり、世界中に輸出されています。ミスク組合はムズズコーヒー生産者組合連合会に属する 1 つの組合です。この連合会には、ムジンバ、ポカ、ンチシ、ビピヤの他にミスク組合が含まれています。ミスク地方やソングウェ川近くで活動するミスク組合は、連合会の生産量の 50% 以上を占める大規模な組織であり、コーヒーの加工は村ごとのウォッシングステーションで行われます。組合員は平均 0.5 ヘク タールの小規模な農園を所有し、その 30% が女性農家です。また、ミスク組合はコーヒーの販売益で診療所を運営し、地域住民の医療サービスに貢献しています。マラウィのゲイシャ種は、エチオピア起源のゲイシャとは異なり、形状や香りも異なる特徴を持っています。 ※店頭では50g〜販売しておりますが、オンラインストアでは150g単位でご注文をお受けしております。その代わり、オンラインストア限定で50g3種セットも販売しておりますので色々なお豆を試してみたいという方がおりましたら、ぜひそちらもご検討ください。

Sale Items